だいたい47度

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

生物学者だったころの僕について

小中学校で習う理科のうち、生物が嫌いだった。

物理も化学も演繹的な考え方をするのに対し、どうも帰納的な学問に思えたのだ。演繹的な考え方をするのであれば、基本理論をマスターすればその上での世界を理解できる(仮説に基づく世界ではあるが)。一方で帰納的な考え方は、積み重ねていくことで徐々に世界を理解していくことになる。努力が嫌いかつ若くて積み重ねたもののない僕は、帰納的な世界が嫌いだった。高校になってもその考えは変わらず、生物は一切選択しなかった。

大学に入ってみて、その見方が変わった。僕のいった大学では、最初の1-2年間は文理あわせて様々な講義を受けることを求められた。せっかくなので毛嫌いしていた生物学の世界も眺めてみて驚いた。DNAからタンパク質生成にいたるセントラルドグマあたりの解析が進み、生物の世界も演繹的なアプローチが可能となっていたのだ。そんなのは数十年前からの話なのだが、小中ではそんなことは教えてくれないし、僕はあまり本も読まない性質だったので知らなかった。

そうなってくると、生物学はとても面白い学問に思えてきた。生命とはなにか、というのは非常に魅力的な質問だ。知れば知るほど、その問題は遠大な問題であることに気づく。当時ヒトゲノムも解読されるなど、素人目には道具も揃ってきているように見えたので、僕の大学後期は生物学を主体にやってみることにした。

そのまま数年間、大学院の博士課程まで分子生物学をやってみたのだが、色々考えた末、中退した。基本的には「他にやりたいことができた」というポジティブな理由なのだが、それについては長くなるので割愛する。ネガティブな理由として、自分のやっている研究が枚挙主義、帰納的学問の一端に過ぎないのではないか、と思ったことがある。

僕は酵母を使ってあるタンパク質の機能を研究していた。その研究が成功すれば今までにない経路の発見となるし、しかも教科書上すでにそこの研究は概ね終わっているとされている分野であったのでインパクトもそれなりに大きい研究であった。しかし、そこから先の展望が僕にはできなかった。新しい経路の発見は新しい研究を産み、科学は発展するだろう。ただ、それらの知見を積み重ねることが本当に生命の理解につながるのか、分からなくなってしまった。

いまから思い返すと、僕の研究計画の立て方がまずかったのだと思う。僕の嗜好の場合、最初に大きく解きたい問題を立て、それへのアプローチ方法を考え、小さな作業に落として実行していく研究をすべきであった。しかし、実際は「いまある道具や環境から何ができるか」から考えてしまっていた。擁護をするのであれば、研究にとりかかり始めた当初では何ができるのかも分からない訳だから、世界的に何が面白くて解けそうな問題なのかを知ることは難しいだろう、とは言える。ただ、自分の知識の限界を感じつつも、その思考を常に続けることはいつだってできたはずだ。

こんなことを思い返したのは「ロマンチックな科学者 世界に輝く日本の生物学者たち」というちょっと古い本を読んだからだ。この本では、一流の生物学者たちが若き研究者へ向けてのメッセージを数ページずつ寄稿している。

内容としては、専門的な話はなるべく省き、自分が科学に対してどう思っているのか、何が自分の研究する動機となるのか、自分の行ったことで成功につながったことや失敗につながったことは何か、ということが書かれている。ごく数人の著者の文章は修士レベルじゃないと理解しにくいかもしれないが、多くの筆者の文章は生物に疎い人でも読めるような内容だ。専門外の人にとっても、何十年にも渡る問題解決へのアプローチの歴史を見てみたり、学者とは日頃なにをやっているのかを知れたりして面白い本だと思う。

ただやはりこの本は若い研究者や研究者志望の学生に読んで欲しい。特に実験系の研究生活は土日もなく朝から晩までの視野を狭窄させるが、目先の研究結果に引っ張られて、自分はなぜ研究しているのかを見失ってはならない。ノーベル生理学・医学賞をとったマックス・デルブリュクはこう言った「科学者の中にも将軍と兵士がいる。優れた兵士が必ずしも将軍にならない。将軍になる人はロマンチックだ」。

関連して、特に気に入った部分を引用する。この部分はどんな仕事に関しても成り立つ話だ。

オリバー・ホームスという人が、人間の知性を三つに分類している。“一階建ての知性”は事実を集めるだけのファクト・コレクターで事実の背後にあるものを見ようとしない。“二階建ての知性”は、事実を比較したり、一般化したりすることを試みる。“三階建ての知性”は天窓つきでイマジネーションがあり、理論を完成する能力をもっている。学術雑誌をみても一階建てが多く、三階建ては甚だ少ないとも述べている。(186p)



この本を学生のときに読んでいたら、僕の現在は変わっていたのだろうか。


ロマンチックな科学者―世界に輝く日本の生物科学者たちロマンチックな科学者―世界に輝く日本の生物科学者たち
(1992/07)
井川 洋二

商品詳細を見る



【追記】まだ読書中の本だが、生命とは何か―複雑系生命科学へという本は、生命とは何かということについて考えるべき幾つかの大きな疑問について掘り下げ、そのアプローチを具体的に示している本でとても面白い。生命観が変わると思う。ただこちらはそれなりに知識を必要とする(筆者は高校レベルの知識でいいと言っているが、それはかなり厳しいだろう)。

スポンサーサイト

PageTop

光ポータブルで回線がブチブチ切れる場合の対処

光ポータブルの回線がブチブチ切れる問題が解決したっぽいのでメモ。

この前引っ越したので、ネット回線をマンション指定のフレッツ光に変更した。無線LANもつなぎたかったので光ポータブルも契約して使っていたのだけど、どうも回線が不安定にブチブチ切れることがある。同じPCを会社の無線LANで使っても問題ないのでPCの問題ではなく、また有線では特に問題がなく使えるので、無線機器の故障かと思いNTTに問い合わせてみた。

最初は故障窓口に連絡したのだけど、まずは問題を切り分けするために通信機器系の窓口(0356677100)にかけ直して欲しいとのことだったので連絡。そこでお姉さんの指示に従って操作してみたところ、回線が切れにくく、また通信速度が体感ですら早くなった。

方法
1 ブラウザで光Linkの設定画面を開く(192.168.11.1)
2 ログインする(初期設定はユーザー名:root、パスワードは空)
3 LAN設定>Wi-Fi設定>基本設定を選択
4 チャネルの値を3-4くらいずらしてみる

1をすることもできないくらいブチブチきれるなら、有線でつないでやってしまう方が早いかもしれない。また、4に関しては初期設定では自動設定となっているが、その右にチャネルの設定値があるのでそれを動かしてあげればよい。僕の場合は自動で6になっていたので10にしてみたら快適になった。

Screenshot_1.png


根本的な原因としては、他の電子機器の出している電波の影響で有る可能性が高いらしい。また、上記のことをやても改善しなかった場合は、ユーザー側ではできることはないので機器交換になるとのことだった。

NTT窓口の方の対応がわかりやすくてよかった。携帯で掛けているかどうかを確認した上で向こうから掛けなおしてくれたのも、セコいことをいうとちょっと嬉しかった。

PageTop

世界観が溢れる短篇集 The Indifference Engine

伊藤計劃の短篇集The Indifference Engineを読んだ。

早世した筆者の長編小説は「虐殺器官」「ハーモニー」「Metal Gear Solid Guns of the Patriots」の3作のみが出版されているが、中編の「The Indifference Engine」や「From the Nothing, with Love」などがこの短篇集には収められている。よってこの4冊で概ねの伊藤計劃の小説を網羅できる。

伊藤計劃の小説は、登場人物より描かれる世界そのものに重心が置かれているように思う(SFだから当たり前といえば当たり前なのだけど)。一つ一つの短編が世界を形作っているため、短篇集とは思えないほどボリュームを感じた。一方で登場人物の説明を多少省いていると感じるところもあり、短編「フォックスの葬送」や「Heavenscape」などはゲーム:メタルギアソリッドの前提知識がないと読むのは厳しいかもしれない(長編「Guns of Patriots」には苦心の後は見られるがやはり同じように感じた)。

短篇集の中では「From the Nothing, with Love」が最も面白かった。この作品の主人公はイギリスの諜報員ジェームス・ボンド、007である。この作品上では、政府がボンドの類稀なる能力を見初め、彼の死後も脳内データを他人にロードすることで「ボンド」を永遠に継承している設定となっている。この何人目かのボンドが、次世代のボンド候補が次々と殺されている事件を調査するミステリとなっている。もちろん本作も犯人が暴かれてメデタシメデタシといったような終わり方ではなく、主人公と世界との対峙へと話がつながってゆく。

改めて読んでみると、「ハーモニー」の世界はこれらの短篇集の世界より更に深い世界であった。長編と短編を比べるのは難しいが、それでも「ハーモニー」の懐の深さは群を抜いている(参照:ハーモニーと文明への猜疑)。ただ一編、遺稿となった「屍者の帝国」は、まだ序盤30pしか書かれていないにも関わらず「ハーモニー」を超えうる可能性をもっているように感じ、先が読んでみたくなった。「虐殺器官」から「ハーモニー」への進化を見返してみても、筆者の速すぎる死が悔やまれる。

The Indifference Engine (ハヤカワ文庫JA)The Indifference Engine (ハヤカワ文庫JA)
(2012/03/09)
伊藤 計劃

商品詳細を見る

PageTop

iPadゲームを色々見た

内臓を悪くして10日ほど床に臥せっていた。最初の数日は一日中寝ていたが、だんだんと寝るのにも飽きてくる。内臓が時折痛くなるだけだから、大概の時間は暇でしょうがない。本を読んでも頭に入ってこないのでiPadで遊ぶことにした。

意外と無料で遊べるゲームが多くて驚く。しかし、実際にやってみると、多くのゲームは最初の1割くらいを過ぎたあたりで有料版にしなくてはならないことに気づいた。アプリを作ってAppStoreで販売する手間を考えれば当たり前なのだけど、せっかくだから無料で最後まで遊べるゲームを探してやろうと思った。

すべて無料という縛りを課してみると、昔のファミコンのように一癖も二癖もあるようなゲームばかりが現れてくる。その中で面白いゲームを見つけること自体が1つのゲームのようだった。

成功もすれば失敗もするからゲームは面白い。そんなことを思っている内に、失敗に関してセンシティブになりすぎていたことも体調を悪くした原因のひとつかと思い至った。今日から少しずつ復帰。失敗も許容できる余裕を持って過ごそう。


以下面白かったゲーム群。

Coin Dozer
ゲームセンターなどによくあるコイン落としゲーム。たまにでてくる景品を集めることで、特殊コインの出現率を上げる効果や、コイン待機時間を少なくする効果などを得ることができる。コレクションすると段々プレイが快適になるゲームはついついハマってしまう。アプリを閉じて他のことをやっている間にコインが補充されるので、あまり気にせずコインが使えるのも良い。

モンスターを集めてまいれ
ダンジョンを選んで討伐を依頼すると兵士たちがモンスターを倒してきてくれるゲーム。帰って来たらまた指示を出すだけなので基本的に操作することはない。他のゲームの合間にやると意外とサクサク進む。似たテイストのゲーム「ゆけ!勇者」より難易度低め。最終ダンジョンでも1時間と探索時間が短いのですぐ終わる……と思ってた……。

なめこ栽培
これも放置ゲー。脱力キャラなめこを育てる。養分を差しておくだけで生えるのでやることはない。これら2つの放置ゲーに、何故か畑からうまい棒が生えてくる「うまい棒を作ろう」を同時にやってたら意外と忙しかったし虚しかった。どれもiPadではなくiPhone向けゲームなんだね。

魔導物語
日本語が不自由なRPG。でもグラフィックなど良くできているし、移動もなれると楽。ゴールドが明らかに足りず、どう使うのかを少し考える必要ありだが、ある程度進むと魔法でゴリ押しできるようになるので難易度は低い。2日くらいでクリアできる。

ガイラルディア
DQ2。王道なので懐かしさを感じながら遊んだ。続編は有料のようだけど、1は無料で最後まで遊べる。ホームボタンを押すとゲームがリセットされるので、セーブをしてから他の作業をしなくてはいけないところが一番難しい。こっちも2日くらいでクリアできそう。

Birzzle HD
落ち物ゲー。四角い鳥が落ちてくるので4匹以上集めて消す。3つの全く違うモードがあって暇つぶしには丁度いい。が終わったあとに疲れていることに気づく危険なゲーム。

PageTop

備忘「幽談」「虐殺器官」「虹ヶ原ホログラフ」

最近何かと忙しくて本が読めないのだけど、パラパラ読んだ小説などを備忘のため記録。

幽談 京極夏彦
怪談ではなく幽談。
怪事は怪しいと思う人がいるからこそ起こるもの、畢竟この世には不思議なことなどなにもないのだよ、という京極夏彦の世界。たとえば手首が落ちていたとして、語り手がその手首を怪しいとか怖いとか思わなければそれは怪談ではない。しかしその世界はやっぱり少し現し世と違っていて、しかし何が違うのかは判然とせず、幽かに揺らいでいる。最後まで何も説明されない、そんな世界の話が八編。
僕としては、あちら側に惹かれながらも、こちら側にどうにか引っかかりながら生きていて、しかしふとあちら側に行ってしまう人たちを京極作品に求めてしまうため、もっと煩悶する長編の方が好きかもしんない。表紙にもなっている「手首を拾う」が中では一番好き。

幽談 (MF文庫ダ・ヴィンチ)幽談 (MF文庫ダ・ヴィンチ)
(2012/02/23)
京極夏彦

商品詳細を見る


虐殺器官 伊藤計劃
この前読んだ同筆者の「ハーモニー」が面白かったので読んだ小説。911以降の地域紛争が続く近未来を書いた作品。筆者が大ファンだというゲーム・メタルギアソリッドの世界観と非常に近いものがあり、人工筋肉を使った機械や少年兵の問題など幾つか明確なリンクも見られる。
先に読んだ「ハーモニー」に比べるとパンチに欠けるがそれでも結構面白かった。あまりそういったものは読まない方なのだけど、同筆者が書いたメタルギアソリッドのノベライズも読んでみようかなと思っている(過去記事「ハーモニー」と文明への猜疑)。

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)
(2010/02/10)
伊藤 計劃

商品詳細を見る


虹ヶ原ホログラフ 浅野いにお
一巻で完結する漫画。
暴力・虐待・いじめ・強姦・殺人。そんなダイレクトな描写が続く裏側に、様々なほのめかしが描かれていて、その欠片を拾っていかないとだんだんとセリフの意味がわからなくなっていく。更に複数の時系列が前後するように書かれているため何度か読み返す必要があったが、頭の中ですべてがつながったとき子どもの下らない噂話一つすら伏線であることに気付かされた。

虹ヶ原 ホログラフ虹ヶ原 ホログラフ
(2006/07/26)
浅野 いにお

商品詳細を見る

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。