だいたい47度

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

BBCドラマSHERLOCKの小説で英語学習

BBCのドラマSHERLOCKにハマってます。ついでに英語学習もできないかな、と本を買ったので感想(ネタバレ無しです)。
Sherlock: A Study in Scarlet (Sherlock (BBC Books))
最初は脚本ペーパーバックを探していたのですが、現時点(2014/4末)ではない模様。右のようなSHERLOCK二人が表紙の本は、コナン・ドイルが書いた普通のシャーロック・ホームズです。間違えて買いそうになっちゃったよ。


それで購入したのが下記の本。ネイティブの小学生向けのようです。
CDなしなら1000円弱。CDつきで1300円くらいです。ページ数は本文が50-60ページくらい。

Sherlock: A Study in Pink (Scholastic Readers)Sherlock: A Study in Pink (Scholastic Readers)
(2012/11/01)
Paul Shipton

良いところ-1 平易な単語
対象はTOEIC550以上ということですが、平易な単語で書いてあります。
例えば「ピンク色の研究」で死体検分後のシーンはこんな感じ。
The door opened. 'That was your two minutes,' Detective Inspector Lestrade told Sherlock. 'I need any information that you've got.'
Sherlock told him: 'A woman in her late thirties, a professional person. She travelled from Candiff today, intending to stay in London for one night. That's obvious from the size of her suitcase.'
'Suitcase?' said Lestrade, confused. These was no suitcase anywhere near the body.
'Suitcase, yes,' said Sherlock. 'She's married for over ten years, but not happily. She's had other men friends and none of them knew that she was married.'
僕は速読の練習に使っています。速読といっても高速にページをめくるようなものではなく、目を一定のリズムで動かして音読よりも速く読んでいくものです。英語に慣れていないと、頭の中で音読しながら文章を読んでいきがちですが、それでは読むスピードは遅いまま頭打ちになるので、定期的に練習が必要です。

速読の練習には、自分のレベルの6-7割程度の文章がオススメと聞いたことがあります。自分にあったものがよいと思いますが、現時点の僕はこの本がちょうどいいです。


良いところ-2 全面カラー&写真が多くて楽しい
本は全面カラーです。紙質もペーパーバックのようなザラザラした紙でなく、しっかりしてツルツルの紙。読んでいて気分がイイです。

そしてSHERLOCKファンに嬉しいのは写真が豊富なこと。見開きに1枚くらいは写真がついています。ドラマのシーンが思い起こされて、読む手も進みます。
sherlock.jpg


良いところ-3 リスニングCDはそれなりに速い
文章のレベルに比べて、リスニングCDはそれなりに速いです。もちろんネイティブが聞くニュースほどの速度はありませんが、この本と同レベルの日本人向けテキストの中では結構速いほうだと思います。

ただ、内容を知っていることもあり、全文単語レベルに分解して聞き取ることも苦ではないです。全文で90-120分程度かつチャプターごとに分かれているので、負担にもなりません。


悪いところ-1 表現が大分抑えられている
子供向けということもあってか、ゲイやギャンブルの表現がほぼカットされています。ここはSHERLOCKファンとしてはかなり残念なところ。

伏線になっているのにカットしちゃってるところはどうなんですかね。言語レベルが高いからなのか、幾つか高速推理のシーンをカットされていますが、ここは頑張ってほしかったなぁ。


悪いところ-2 事件が2つしかない
いまのところ「ピンク色の研究 A Study in Pink」と「パスカヴィルの犬 The Hounds of Baskerville」しかないです。今後発刊されるのかもしれませんが、「ベルグレービアの醜聞 A Scandal in Belgravia」とかは無理ですかね。。。

ちなみにピンクはレベル4、犬はレベル3らしいです。英語難易度。あまり違いを感じませんでしたが。


まとめ
まとめると、気楽に読む英語教材としてはいいと思います。上に書いた英文を見て判断してみてください。CDつきはちょっと高いですが(1300円前後)、買って損はないかなと思います。ただ、SHERLOCK未見の方は是非ドラマから入っていただきたい。とてもいいドラマなので、本を先に読んでしまうのは勿体無いです。

他の事件も出ていたら買いたいんですけど、もう一年以上出ていないから期待薄かな。。。

Sherlock: A Study in Pink Audio Pack (Scholastic Readers)Sherlock: A Study in Pink Audio Pack (Scholastic Readers)
(2012/11/01)
Paul Shipton


Sherlock: The Hounds of Baskerville Audio Pack (Scholastic Readers)Sherlock: The Hounds of Baskerville Audio Pack (Scholastic Readers)
(2012/09/06)
Paul Shipton

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。