だいたい47度

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

世界観が溢れる短篇集 The Indifference Engine

伊藤計劃の短篇集The Indifference Engineを読んだ。

早世した筆者の長編小説は「虐殺器官」「ハーモニー」「Metal Gear Solid Guns of the Patriots」の3作のみが出版されているが、中編の「The Indifference Engine」や「From the Nothing, with Love」などがこの短篇集には収められている。よってこの4冊で概ねの伊藤計劃の小説を網羅できる。

伊藤計劃の小説は、登場人物より描かれる世界そのものに重心が置かれているように思う(SFだから当たり前といえば当たり前なのだけど)。一つ一つの短編が世界を形作っているため、短篇集とは思えないほどボリュームを感じた。一方で登場人物の説明を多少省いていると感じるところもあり、短編「フォックスの葬送」や「Heavenscape」などはゲーム:メタルギアソリッドの前提知識がないと読むのは厳しいかもしれない(長編「Guns of Patriots」には苦心の後は見られるがやはり同じように感じた)。

短篇集の中では「From the Nothing, with Love」が最も面白かった。この作品の主人公はイギリスの諜報員ジェームス・ボンド、007である。この作品上では、政府がボンドの類稀なる能力を見初め、彼の死後も脳内データを他人にロードすることで「ボンド」を永遠に継承している設定となっている。この何人目かのボンドが、次世代のボンド候補が次々と殺されている事件を調査するミステリとなっている。もちろん本作も犯人が暴かれてメデタシメデタシといったような終わり方ではなく、主人公と世界との対峙へと話がつながってゆく。

改めて読んでみると、「ハーモニー」の世界はこれらの短篇集の世界より更に深い世界であった。長編と短編を比べるのは難しいが、それでも「ハーモニー」の懐の深さは群を抜いている(参照:ハーモニーと文明への猜疑)。ただ一編、遺稿となった「屍者の帝国」は、まだ序盤30pしか書かれていないにも関わらず「ハーモニー」を超えうる可能性をもっているように感じ、先が読んでみたくなった。「虐殺器官」から「ハーモニー」への進化を見返してみても、筆者の速すぎる死が悔やまれる。

The Indifference Engine (ハヤカワ文庫JA)The Indifference Engine (ハヤカワ文庫JA)
(2012/03/09)
伊藤 計劃

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。