だいたい47度

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Box2Dを知るためLearning Cocos2Dを読む(7) 総括&感想

物理エンジンの勉強のために買ったLearning Cocos2Dでしたが、予想外にcocos2Dを使ったゲームの作り方に学ぶことが多かったです。

まず、とても汎用性の高い作り方を示してくれています。例えば、UIレイヤとアクションレイヤの2つでゲームを構成する部分や、ゲームキャラクタの基礎クラスの作成部分などは、そのままのコードを僕のゲームでも使えそうですし、そうやって書くことでコードもキレイに書けそうです(長くなるので感想ではちょっと触れた程度でしたが)。一つの機能を説明するために汎用性のないプログラムを書く本が多い中、とてもありがたい本でした。

また、実装例を示す際に、やり方をただ示すのではなく、選択肢を提示してくれるので、頭の中がすっきりしました。「Aをやることで実装できます」と書いてあると、似たような状況は解決できますが、ちょっと状況が変わった時にA以外にもっといい方法がないかと不安になります。しかしLearning Cocos2Dでは「A,B,Cという方法があります、Dは◯◯なのでできません、この中で××なのでここではAを選びます」と書いてくれているところも多く、迷ったらBやCも試してみることができます。

もちろん物理エンジンゲームの部分も学ぶことが多かったです。詳細は過去の感想に譲りますが、複数のゲームの実装例が載っているので、いろいろなパターンが理解できてよかったです。

Learning Cocos2Dは洋書ですが、コード中心&親切すぎるくらいの記述&明るい文体なので、英語苦手でもスラスラ読めるのではないかと思います。カラーなので色分けされているコードも読みやすいし、キャプチャが多いから飽きも来ない、アプリを落として実際の動作を見ながら読める、と他にも読みやすい理由がいくつも挙げられます。値段も3000円台と安い。この本はオススメです。

Learning Cocos2D: A Hands-On Guide to Building iOS Games with Cocos2D, Box2D, and ChipmunkLearning Cocos2D: A Hands-On Guide to Building iOS Games with Cocos2D, Box2D, and Chipmunk
(2011/07/07)
Rod Wenderlich, Ray Strougo

商品詳細を見る


さっそく物理エンジンゲーム作ってみます。それが終わったら次のステップとしては3DとかOpen GLあたりでしょうか。3D学んだらARアプリ作ってみたいなー。


【Learning Cocos2Dに関する過去記事】
Learn Cocos2Dを手にとった理由
Part I Getting Started with Cocos2D
Part II More Enemies and More Fun
Part III From Level to Game
Part IV Physic Engines-1
Part IV Physic Engines-2
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。