だいたい47度

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

論理的な人は、悩み相談の相手に向いてないでしょうか?

「悩み相談に論理的回答は求められていない」という言説があります。

いままで自分が相談者であった場合を考えると、思い当たるフシもあります。自分の悩みがすべて伝わっていないのに論理的に回答を組まれて「そもそも問題が違うのにな」と思ったり、論理的には納得できても「それは第三者だから言えるのですよ」と思ったり。

一方で、自分が被相談者であった場合を考えると、話をきいてあげること以外には、論理的思考くらいしかやることがないのです。大体他人の悩みなど面白くないので、ただ話をきいてあげるのは嫌ですし、たぶん相手もそれを求めていません。でも論理的に回答しても「まぁそうだよねぇ」みたいな感じになりそうだと上述の経験から思います。


そんな中面白い本を読みました。朝日新聞の悩み相談コーナーで大人気の岡田斗司夫さんの本です。

オタクの息子に悩んでます 朝日新聞「悩みのるつぼ」より (幻冬舎新書)オタクの息子に悩んでます 朝日新聞「悩みのるつぼ」より (幻冬舎新書)
(2012/09/28)
岡田 斗司夫 FREEex

この本は、悩み相談に来た悩みに対してどのようにして考え答えていったかを実例で示してくれる本です。夫が禁煙してくれない、父親が嫌いです、などの些細だけど本人たちには重要な悩みが展開され、それに対して岡田さんが論理的に考え、答えを出していく様子が示されます。

なお、悩み相談の内容はこちらに公開されています。どれも面白いです。
例:父親が大嫌いです


岡田さんは悩みに対して論理的に取り組みますが、回答者は満足しています。

以下の3ステップにそって行うことで論理的かつ有効な悩み相談ができると思いました。
1 相談者の目線に立つこと
2 考え尽くすこと
3 どう伝えると相談者のためになるのかを考えること

1 相談者の目線に立つこと
岡田さんは「相手と同じ温度の風呂に入る」と表現しています。

ついつい僕たちはその相談者と”同じ温度の風呂”に入らないんです。その人が熱くて困っているとか、冷たくて困っていると言っても自分は服着て標準の温度で快適に過ごしながら、つまり安全地帯から「こういうふうにすればいいよ」と忠告してしまう。
<中略>
すぐに「それはこうすればいいよ。それはここに相談すればいいよ」と答えるのではなく、充分に「それはつらいよね。それはしんどいよね」というふうに、その人の感情とか感覚を共有しないといけない。そうしないと、同じ立場に立てない。絶対に上から目線の回答になってしまう。


たぶん「悩み相談は聞いてくれさえすればいい」というのはこのステップ1だけをやっているのだと思います。そしてそれだけでも充分に人は救われている。逆に論理的な思考が得意な人は、ここを飛ばしがちで、だから上から目線の回答になってしまい、「悩み相談に論理的回答は求められていない」という風潮を作ってしまう。

また、相談者の目線に立つことではじめて、問題が相談者の思っているものと違うことに気づくことがあります。この本にも実例がいっぱい出ていますが、相談内容と相手が本当に解決したい悩みは概ねちょっとズレています。相手の言葉を鵜呑みにせず、相手の目線に立ってそれを見つけない限り、本質とはかけ離れた思考をすることになってしまいます。

考える前にこのステップを必ず取りましょう。

2 考え尽くすこと
さて論理的思考の出番です。ここには様々な方法があります。この本でも岡田さんの使っているツールが紹介されていますが、そこは独自に学習していけばいいところだと思います。

ただ、ポイントとして、安易な結論に向かわないことは大事です。単純に言葉尻を論理でつなげていくと当たり障りの無いつまらない回答になります。「いかに面白い回答をするか」という視点は持ちましょう。

3 どう伝えると相談者のためになるのかを考えること
相手の目線になって、かつ論理的に考えた結果、相手に届かないだろう回答ができることって多いです。「現実を見なよ」「そりゃあんたが悪いよ」などの結論です。他にも相手の耳に痛い回答や、どうもピンと来ない回答がある場合もあるでしょう。

ここで一旦また1に戻りましょう。相手の目線に立つのです。どうすると自分にとって一番わかりやすい話し方になるか、結論のどこまでであれば現実的に対応できる範囲であろうか。もっと言ってしまうと、論理的な結論を出してみたけど、やっぱりそれってなんかしっくりこないよね、ってことがわかるかもしれません。

その状態で投げかけられた言葉って、きっとスッと相談者に入っていくと思います。


と、悩み相談を論理的にやっていくことについて書いてみましたが、この本では「悩み相談とは何か」という本質についても論じられていて面白いです。

人から悩みを打ち明けられたら、同時に「当時の自分の悩み」にも回答するつもりで考える。それが僕が見つけたゴールです。
<中略>
なぜ私は、相談に答えるのか。なぜ私は他人の人生の問題で悩むのか。
それは自分自身に引っかかっている「心のしこり」を溶かすためである。誰もが心の底にしまい込んで忘れてしまっている「心の不良債権」を処理するためである。(250 p)


もっと真摯に生きようかなと思える良い本でした。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。