だいたい47度

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

All life is an experiment

さいきん、視線に関するテクノロジに興味があって色々見ているのですが、
ダイドードリンコの実験で面白いものがありました。

前提知識として、アイトラッキングというものがあります。
人がどこを見ているのかというデータを収集・可視化する技術です。
こんな感じにサーモグラフィ様に描画されます。

ダイドードリンコは、アイトラッキングを使って自動販売機を調査しました。
その結果、いままでの常識が覆されたのです。

【それまでの常識】
ユーザが自動販売機を見るときは、Zの字のように目を走らせる。
だから一番売りたい製品を左上、その後は上段の右に並べるべき。
Z字理論は、広告やチラシ、スーパー・コンビニの陳列でも明らかに有効だ。

【実験結果】
ユーザは自動販売機の左下をみて、後は左右に目線が流れる。
よって、一番売りたい製品は左下に設置すべきだ。
人の視線はウソがつけない!ダイドードリンコ“売れる自販機”の秘密



常識を疑ってみることは、こんなレベルでもまだまだ有効です。
もちろん常識を疑っても大抵「あぁ本当だ」という結論に至りますが、
あるときふと面白い発見につながったりします。

僕はよく頭だけで考えて結論を出してしまうのですが、
常に「本当かな、実験ができないかな」と考えなきゃですね。
面倒くさいけれど、思い込みは一番の敵かもしれません。



余談ですが、最近興味があるのはAR(拡張現実)。
遊ぶ前に前提知識をまるっと入れようと思ったのですが、なかなかよい本がないですね。

とりあえず以下の本は浅く広くという感じですが、早く読めてよかったです。
ARについての事象が写真やURLつきでたくさん示されており、
全体観をつかむのには悪くないかもしれません。

AR入門―身近になった拡張現実 (I・O BOOKS)AR入門―身近になった拡張現実 (I・O BOOKS)
(2010/11)
佐野 彰

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。