だいたい47度

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「われはロボット」のジレンマ

「われはロボット」を読んだ。本作はSFの大家アイザック・アシモフの書いたロボットにまつわる短編集だ。9つの短編からなるが、それぞれの話に出てくる登場人物や舞台は一貫していて、全体で大きな一つの話となっている。

僕はこれまでSFを食わず嫌いしてきたのだけど、「われはロボット」を読んで大きく考え方を変えなくてはならないと反省した。

われはロボット 〔決定版〕 アシモフのロボット傑作集 (ハヤカワ文庫 SF)われはロボット 〔決定版〕 アシモフのロボット傑作集 (ハヤカワ文庫 SF)
(2004/08/06)
アイザック・アシモフ

商品詳細を見る

なぜ僕がSFを避けていたかというと、SFは説得力のために中途半端な科学知識を濫用するものだと思い込んでいたからだ。物語のひとつのキモは如何にリアリティを出すかであるが、SFはその部分をちょっとした科学知識で煙に巻きそこに都合のいい憶測を加えることで達成している、近年流行のサギのようなものだと感じていた。要するに、その物語がSFでなくてはならない理由が、説得力からの逃避以外に思いつかなかった(実際、途中まで生化学の話だったのに突然超能力を使い始める話を読んでゲンナリしたこともあるのだが)。

しかし、「われはロボット」はSFでなくてはならなかった。本作に出てくるロボットは陽電子回路という部品を中枢に持っている。陽電子回路は、音声や画像などの膨大な量の信号を受け取り、過去の記録と組み合わせてそれらを処理し、何かしらのアウトプットを出す。これはまさに人間の脳がやっていることに等しく、その結果ロボットは心をもっている(本作の主人公の職業は「ロボット心理学者」である)。つまりロボットは人間と内部的には等価であり、むしろ耐久性や処理速度を考えるとロボットのほうが優れていることになる。そこで人間の絶対的優位性を保つために、かの有名なロボット工学三原則の遵守がロボットに義務付けられるようになった。これを破ろうとするロボットはその時点で壊れてしまう。

・第一条 ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。
・第二条 ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。ただし、あたえられた命令が、第一条に反する場合は、この限りでない。
・第三条 ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、自己をまもらなければならない。


物語は、このロボット工学三原則によって生じるジレンマが焦点となっている。ロボットたちは優秀で働き者で、そしてひどく優しい(第一条は人間を精神的に傷つけることすらも禁止している)。ロボットたちは自らの存在意義をかけて、人間たちから発せられた司令をこなそうと献身的に働く。だが、ルールを遵守しようとするあまり、複数のルールの間でジレンマが生じる。各短編はそのジレンマが元で生じた事件を主人公たちが解いていくことで進展するが、最後にロボットが抱えたジレンマが明らかになったとき、小児が母親のことを心配している様子を見たときのような愛おしさをロボットに感じる。

ジレンマに自らの存在意義をかけて挑む、というのはロボットだからこそ、そして明確な三原則があるからこそ説得力のある話だ。余計な要素を排除してテーマを際立たせるためにSF世界を描く手法の有効性を今更気づいた。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。